よさこい労務事務所よさこい社労士のブログ

4月〜6月まで雇用調整助成金の特例を拡充!申請書類大幅に簡素化

投稿者:よさこい労務事務所

 

雇用調整助成金の特例措置の追加実施についてのお知らせ(緊急対応期間の取り扱いなど)

今般の新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動が急激に縮小する事業所が生じ、地域経済への影響が見込まれることから、弊所では2020年2月臨時号から連続して月2回の事務所だよりを発行し最新の情報をお届けしています。

 

先に一部の情報が先行されていた雇用調整助成金の特例措置の拡大について、本日4月10日厚生労働省から以下のとおり正式にプレスリリースが行われました。以下では項目だけを記載します。詳細は弊所までお問合せください。

その他関連の助成金制度などのリーフレットも同封いたします。またZoomやチャットワークでのオンライン相談(推奨)のほかメール、面談にてご相談も受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

 

1。雇用調整助成金の特例措置の追加実施について

(1)緊急対応期間(令和2年4月1日~同年6月30日)の休業等の上乗せ特例

○休業又は教育訓練を実施した場合の助成率を大幅に引き上げます。

○教育訓練の加算額を大幅に引き上げます。

○教育訓練の範囲を大幅に拡大します。

○生産指標の要件を緩和します。

○支給限度日数にかかわらず活用できます。

○雇用保険の被保険者でない労働者も対象とします。

(2)雇用調整助成金を活用しやすくするための運用面の特例

○事後提出が可能な期間を延長します。

○短時間休業を大幅に活用しやすくします。

○休業規模の要件の緩和

○残業相殺制度を当面停止します。

 

2.申請書類の大幅な簡素化について

新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金の特例措置に関する申請書類等については、大幅に簡素化し、事業主の申請手続きの負担を軽減するとともに、支給事務の迅速化がはかられるようです。


初回無料のオンライン相談室を開設しました!

投稿者:よさこい労務事務所

雇用調整助成金・コロナウィルス対策助成金などに対応いたします。お気軽にご利用ください。

よさこい労務事務所では顧問先のお客様との連絡にすでにZoomミーティングチャットワークを導入しています。
今回のコロナウィルス感染症対策で顧問先以外のお客様(経営者様及び企業の労務管理担当者様限定)からのご相談もお受けしています。ご相談の際にはあらかじめご希望の日時などお問い合わせフォームにてお申し込みください。

折り返し弊所からご連絡させていただきます。
オンライン相談はネットで当事務所の代表との面談となります。(30分程度)


注目の助成金!コロナウィルス対策で特別休暇の制度整備で対象費用の8割が受給可能

投稿者:よさこい労務事務所


働き方改革推進支援助成金の職場意識改善特例コースとして3月にも一度出ましたが、新年度になって再び登場しました。
病気休暇制度やお子様の休校、休園に伴う特別休暇制度を新たに設けることにより、支給対象となる取組み(就業規則の整備や労務管理機器の導入、人材確保に向けた取組、労働能率の増進に資する設備の導入、更新を図ることで最大50万円(費用の80%まで)が受給可能な助成金です。詳しくは弊所までお問い合わせください。なお、既に対象設備等の支払いがあっても対象可能な場合があります。

※交付申請書提出期限(5月29日)や実施期間が限られていますのでお早めにお問い合わせください


◎最大助成率9割 4月~6月に実施される雇用調整助成金の特例措置について

投稿者:よさこい労務事務所

新型コロナウイルスの影響が深刻化を受け、2020年4月1日から6月30日までの期間が緊急対応期間と定められ、雇用調整助成金の更なる特例措置が実施されるようですが、正式発表は明日以降(4月7日)になりそうです。

3月頃に一瞬登場した「職場意識改善特例コース」が「働き方改革推進支援助成金」と名称を変えて再び登場するようですが、それも明日以降になるでしょうか。
この二つの制度は特におススメしたい助成金制度なので、引き続き注視していく必要がありそうです。


今月もコロナウィルス関連の最新情報をお届けしています

投稿者:よさこい労務事務所

よさこい労務事務所だより 4 臨時号
2月号より連続三回目となりましたが、最新の情報をお届けしています。


新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金申請予約受付中!

投稿者:よさこい労務事務所

 

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金の支給申請開始に伴い、弊所では多忙な事業主様に代わって申請代行をお受けしています。

令和2年2月27日から3月31日までの間に臨時休業した小学校等に通う子供の世話を保護者として行うことが必要になった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労基法上の年次有給休暇を覗く)を取得させた事業主に対する助成金です。申請期間は3月18日(本日)から受付が始まっています。

申請にあたっては、①雇用保険被保険者の方用と②雇用保険被保険者以外の方用の2種類の様式があり、事業所単位ではなく法人ごとの申請となります。法人内の対象労働者については一度にまとめて申請を行うようになっています。
また委託を受けて仕事をされている方用の様式もあります。

申請は郵送により学校等休業助成金・支援金受付センター(厚労省の委託事業者)に必要な書類などを抜かりなく揃えて、まとめて行うことがスムーズに助成金を受けられるポイントだと思われます。申請のご相談や手続きのご依頼は、よさこい労務事務所「新型コロナウイルス対応助成金センター」にお気軽にお問い合わせください。

首都圏には学校等休業助成金・支援金等相談コールセンターも設置されています。(0120−60−3999) ※なお、本日コールセンターは大変つながりにくい状況にあるようですのでご留意ください。


新様式による処遇改善加算計画書作成支援お申し込み受付中!

投稿者:よさこい労務事務所

 

3月5日、厚生労働省から、介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算に関する基本的考え方並びに事務処理手順と新様式例が発表されました。

これによると従来もそうでしたが、さらに事業所の実状にあった具体的な記載内容と就業規則や賃金規定などとの整合性が必要だと感じました。

加えて加算取得への取組や実施した周知方法などの確認項目について、指定権者から提出を求められた場合に証明できる資料の保管及び提示も必要です。

安易に事業所の実態に合わないままに、県、市町村から提示されている計画書様式のワークシートにある別紙様式2_計画(記入例)をコピーしただけの提出では不正となり、場合によっては介護報酬の返還や指定取消になることも予想されますのでご注意ください!

記載する項目や内容も多く、提出期限が4月15日と限られるため、弊所への同計画書や実績報告書等の作成支援のお申し込みはお早めにお願いします!

★令和2年度新様式による処遇改善計画書作成の留意点などについては、別紙チラシ文面に書きました。ご参考に。

併せて、厚生労働省モデル就業規則を活用した「就業規則作成サポートキャンペーン」も実施していますのでご利用ください。


就業規則作成を5万円(税別)でサポートします 3月末までのキャンペーン!

投稿者:よさこい労務事務所

年間5日の年休付与、本年4月から労働時間の時間外労働上限規制、来年からの同一労働・同一賃金 に対応した就業規則(改正)や有給休暇管理簿などの整備が必要です! 労働基準監督署対策や処遇改善加算の監査にも役立ちます。

2019年3月の厚労省モデル就業規則をもとに貴社独自の就業規則を作成しませんか! 当事務所では介護事業所の雇用環境改善をご支援するため、厚労省モデル就業規則を使ったウェブ 活用のサポートキャンペーンを3月まで実施します。お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせフォームから
TEL 088−880−0535

ただし、同モデル就業規則をもとに作成するには、内容の変更や削除をしなければならないチェックポイ ントがいくつかあります。本キャンペーンではそうした作成上のノウハウや要領を惜しみなくご提供いたします。期間中何回も利用できるウェブサポートのほか、顧問契約の際には改正法に対応し、すぐに実務で 役立つ様々な特典(有給休暇管理ソフトや就業規則改定のサンプル等)を進呈いたします。


『働き方改革 法改正で何が変わるの?同一労働同一賃金編』

投稿者:よさこい労務事務所

全国社会保険労務士会連合会では、働き方改革に関する施策の一環として、働き方改革関連法のうち、パートタイム・有期雇用労働法を中心に、同一労働同一賃金に係る項目について解説した事業主向けリーフレットを作成しています。

本リーフレットは、企業の現状を確認できるチェックリストや法施行スケジュールを掲載するとともに、不合理な待遇差の点検方法やポイント解説、社労士の支援事例等を記載しており、事業主の働き方改革への対応を促進する内容となっております。

大変わかりやすく出来ていますので、当事務所では配布ご希望の事業所様には無料で電子メールにて送付させていただきます。

本リーフレットをご希望の方は、お問い合わせフォームよりお気軽にお申し込みください。


介護職員等特定処遇改善加算【香川県版Q&A】が公開!

投稿者:よさこい労務事務所

 

先日香川県の委託事業であると特定処遇改善加算セミナーの講師をさせていただいた香川県の介護職員等特定処遇改善加算【香川県版Q&A】が公開されました。

他県でも今回の特定処遇改善加算の計画書を作成する上での有益な情報となっていますので、ご活用ください。
私が当日セミナー会場で午前の部で15問、午後で10問程度の質問を受けてお答えしたものや、県との質疑応答の打ち合わせでお答えしたものなども、この中にも入っています。
厚生労働省老健局から出されたQ&A1、2や平成31年4月12日発Vol.719の基本的考え方並びに事務処理手順及び様式例と併せてご一読ください。
高知県では台風の影響で高知県が行う説明会が8月20日に延期されたと聞き及んでいます。
提出期限まで2週間あまり。介護事業所の皆様には計画書等を作成される上で疑問点がございましたら、弊所のお問い合わせフォームなどをご活用ください。
なお、先にご案内させていただきました計画書作成代行のご支援のお申し込みは、誠に恐縮ですが8月17日までとさせていただきます。

なお、高知市の方でもQA(高知市)20190802掲載 [PDFファイル/627KB]  が掲載されています。


ページの先頭へ戻る