よさこい労務事務所よさこい社労士のブログ

育休復帰プラン申請予定の事業者は産休に入る前に暫定的な電話支援を!

投稿者:よさこい労務事務所

0000067207今年2月に1ヶ月余りという短い期間で受付開始された、育休復帰支援に係る助成金申請に必要な育休復帰プランの支援ですが、27年度は年度当初から開始されるものと思っていましたが、入札等の関係で残念ながら育休復帰プランナーの支援はまだ開始されていません。

26年度は2月から3月上旬に全国の社労士を中心とした育休復帰プランナーの献身的な活動により予想を上回る実績結果を達成しました。私のその育休復帰プランナーとして四国地区を担当させていただきました。

これまで行政機関が受け付けてきたのとは違い明らかに好結果となった背景には育休復帰プランーの精力的な活動と懇切丁寧なサポートがあったからです。

年度がスタートした現在も育休復帰プランの支援が受けられないようでは、昨年度に利用できた事業所とは明らかに制度上不公平になるので、とりあえず厚生労働省が直接電話により支援をされたようです。事業所にとっては非常に利用しづらい状況でありますが、いたしかたありません。

つまり、中小企業両立支援助成金(育休復帰支援プランコース)を申請予定で、まもなく該当となる労働者が産前休業や育児休業に入る予定などで、緊急に「育休復帰プランナー」の支援が必要な場合は、現在厚生労働省が直接電話による支援をされているようです。

産前休業や育児休業取得予定の従業員さんがいる場合には、以下より申込用紙をダウンロードし、厚生労働省までメールでお送りください。

http://www.mhlw.go.jp/…/seisakunitsui…/bunya/0000080072.html

厚生労働省の目玉とされる本事業ですが、入札のゴタゴタでせっかくの制度がうまく機能し得ないのは残念な限りですね。とりあえず産休に入る従業員の方がいらっしゃる事業所はご不便かと思われますが、上記の暫定的な相談窓口をご利用ください。

しかし昨年度も入札の関係で受付開始が遅れた本事業、本年度もとなるとせっかく政府がすすめる女性活用推進施策に水をさすような結果となってしまっている感はやはり否ませんね。


計画された偶発性理論とマスメディア出演

投稿者:よさこい労務事務所

images今年に入って職業生活と家庭生活の両立支援や女性の活躍推進に取り組む企業の取組をサポートする「育休復帰プランナー」として企業様に訪問するという仕事の機会を得ました。

 

これは厚労省がすすめる中小企業のために育休復帰支援モデルプランを各企業様に策定していただくためのフォローや制度の普及をはかるためにご希望のあった企業の現場をお伺いして実情に合ったプランの作成をお手伝いするというものです。実際に数社の支援をさせていただいた中で本当に貴重な役割を担っているなと思い、そのやりがいも感じています。

 

20140212_2そういえば1年前の2014年2月11日の高知大学男女共同参画集中講義「男女共同参画を謳う」では、ドラッカー読書会でご一緒させていただいた大学教授とのご縁で、これから社会に出る学生さんに、働くことや両立支援をテーマとしたオリジナル曲のライブ演奏と講話を合わせた講義をさせていただきました。その時演奏した曲は次の3曲です。

職場ぐるみで子育て支援をすすめましょう、という「ひとに優しい職場が大好き」

若者の過重労働を取り上げた「ブラック企業に気をつけろ!」

女性が職場や家庭生活を両立させ、さらに輝やきもっと活躍できるための社会づくりを歌った「ホワイト企業で輝きましょう!」

 

この時の様子は2014年2月12日高知新聞朝刊などに掲載されました。

平成26年2月12日 高知新聞 朝刊「ブラック企業に気をつけろ 社労士らが職業人バンド 」

http://www.kochi-u.ac.jp/sankaku/data/h25massmedia_ks20140212.html

 

キャリアカウンセリングの理論に「計画された偶発性理論」プランド・ハップン・スタンス・セオリー)というものがありますが、今回もまさしくそのとおりだとあらためて思いました。

この「計画された偶発性理論」では、個人のキャリア形成をもっと幅広くとらえ、「キャリアの8割が予期しない出来事や偶然の出会いによって決定される」と考えます。つまり、その予期しない出来事をただ漫然と待つだけでなく、自ら創り出せるように積極的に行動したり、周囲の出来事に神経を研ぎ澄ませたりして、偶然を意図的・計画的にステップアップの機会へと変えていくべきだというのが、その理論の中心となる考え方なのです。

社労士として働くひとと企業を支える仕事をさせていただく中で、これから子育て支援や男女共同参画社会の実現をもっと積極的に進めていくべきだという自らの想いが、またこうしたチャンスを引き寄せていたのだと思われます。

 

社員を大切にされる企業の証です!育休復帰支援プラン

投稿者:よさこい労務事務所

 社労士として業務を行うなかで、関係団体や企業様に育休復帰支援プランを紹介普及させていただいております。この中で思ったことは、企業様のインセンティブとして助成金の支給がセットになっていることは、この制度のアドバンテージの一つなのですが、それとともに非常に重要な「宝」というべき最大の効果があります。

「出産を控える社員さまはいらっしゃいませんか?」と私が問いかけていくと、妊娠初期の社員の方が体調を崩されていて、現在休まれているケースがよくあり、人事総務担当のかたもそのことを大変気遣いをされていました。

そこ半4段パソナ様で思ったことは、まさしくそこに、この「育休復帰支援プラン」が出番があるのではということです。このプラン導入の意義は、社員様の出産、育児を会社ぐるみで応援している証明にもなり、その社員様をしっかりと支えていくことにあるのだと思います。これから出産を控える女性社員や妻が妊娠中の男性社員が育児に専念できて働きやすくなることは企業全体の風通しがよくなり、組織としての働き方が変わっていくことになるでしょう。

「会社はあなたの(妻の)出産を応援し、あなたの職場復帰を望んでいます。」

というメッセージとして、育休復帰支援プランを実行していくことは、妊娠期や育児期の対象の社員さんにとって、その不安な気持ちを解消しどれだけの励ましとなり企業からの信頼を感じ、産前産後から育休期の心強い支えになることでしょう。

 かつては女性が結婚し出産されると退社を余儀なくされ、そのキャリアが中断される時代がありました。就職支援の仕事の中で、素晴らしい経歴を持たれているのに再就職されたあとは、十分にその方の能力が生かし切れていないケースをよく目にしました。これらは個人にとってもそうですが、社会全体としては非常に大きな損失だと思います。

images2月1日よりスタートした育休復帰支援プランの導入支援事業。今回は短期間で対象企業数も全国で300社で限定されていますが、支援申込書も相当数出てきているようです。今回導入されたプランをもとにいろんな企業様の事例がこれから紹介されることにもなるでしょう。

一人ひとりの社員を大切に、会社ぐるみで育休復帰を応援し支えていく企業の証明としての育休復帰支援プラン。とても意義深いものだと思います。

ぜひとも対象の社員の方や企業の皆様方を応援し役立つものとして定着するきっかになり、そしてその手応えを厚生労働省や本事業を運営する事務局の(株)パソナ様、そして我々育休復帰プランナーが感じ取っていくことができればと願っています。


育休復帰応援ソングでひとに優しい企業風土を育てましょう!

投稿者:よさこい労務事務所

優秀な人材不足が課題である中小企業が、育休復帰プランや環境整備をはかり子育て支援を積極的にすすめることは、貴重な戦力である女性の活躍を推し進め国際社会、特にアジア諸国のなかでも日本の存在を再びよみがえらせる原動力として、国の活力を生み出す効果につながると思います。

そういう思いで昨年、こうち男女共同参画センター「ソーレ」のイベントや高知大学の集中講義でも「ホワイト企業で輝きましょう」と「ひとにやさしい職場が大好き」というオリジナル曲をLIVE演奏して発表させていただきました。

このたび厚労省委託事業として注目されている「中小企業のための育休復帰プラン導入支援事業」の育児復帰プランナーとして啓発普及活動ができる機会を得て身が引き締まる思いです。ぜひ多くの企業様にご活用して頂ければと思います。

プランの策定〜育休復帰整備〜助成金受給の「3段ロケット」バックアップがこの事業活用メリットといえます。

「男女共同参画社会を考える」2014年2月11日3限
「男女共同参画を歌いながら謳う!」集中講義でも歌った
「ひとにやさしい職場が大好き」

ホワイト企業で輝きましょう RockBand編


2月1日より「育休復帰プランナー」による無料支援スタート!

投稿者:よさこい労務事務所

育休復帰支援プラン導入事業

貴社の育休取得・復帰環境整備を支援する『育休復帰プランナー』の無料コンサルティングがスタートします!

(以下、パンフレットの掲載から)

平成26年度厚生労働省委託事業【中小企業のための育休復帰支援プラン導入支援事業】

※本事業は、株式会社バソナが厚生労働省より受託・運営しています。

 

 

 

育休復帰プラン支援申込書

人手不足が課題となる中小企業において優秀な女性人材の活躍が期待されています今や育休取得は当たり前の時代ですが、女性労働者が働き続けながら育児を行うためには、育児休業を取得した後再び企業で活躍できるような環境整備も必要となります。厚生労働省では、平成26年度「中小企業のための育休復帰支援プラン導入支援事業」をスタートいたしました。株式会社パソナは、本事業を受託し、『育休復帰支援モデルプラン』をもとにした『育休復帰支援プラン』の策定支援を通じて労働者の育休取得と職場復帰の実現が出来るよう、中小企業事業主様(全国300社程度)をサポートして参ります。
育休復帰ノウハウを兼ね備えた「育休復帰プランナー」が、無料にて『育休復帰支援プラン』の策定支援をいたします。

この機会にお気軽にお問い合わせください

※本事業における「中小企業」とは、中小企業基本法第2条に規定されているものをいいます。

※男性労働者、期間雇用者の育休取得についても支援の対象となります。

育休復帰支援プランとは

中小企業が、自社の労働者の円滑な育休の取得及び育休後の職場復帰を支援するために策定するプランです。

 育休復帰プランナーとは

中小企業における育休復帰・経営支援のコンサルティングノウハウを有する、社会保険労務士・中小企業診断士などの専門家です。

 支援を受けて『育休復帰支援プラン』を策定すると、こんなメリットがあります!!

  1.  優秀な人材が継続就業できるよう、安心して育休を取得し、復職できる環境づくりの支援が受けられます。育休取得者を、快く休業に送り出しましょう。
  2. 育児休業中の業務を滞りなく遂行するための体制作りができます。復職後、育休取得者が時間制約のある状態で働き続けることができるための働き方の改革も実現できます!
  3. プランを実行し、職場のマネジメントが改善されることで、育休取得者だけでなく、職場全体の業務の効率化に繋がります!

お問い合わせはこちら

 株式会社パソナ育休復帰支援プロジェクト大阪事務局 ※四国、中国、関西ブロック

〒541-0047大阪市中央区淡路町4-2-15

TEL 06−7636−6177(月〜金曜日 9:00〜7:30)

メールアドレス iku-pla-osaka@pasona.co.jp

 

名南経営さんの労務ドットコムのブログに、この育休復帰支援プランの関連情報が掲載されています。ご参考に。

http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52061130.html


ページの先頭へ戻る