本年度注目の使える助成金制度と活用法をご提案します。今回ご紹介するのは次の3つ。

Ⅰ―a 時間外労働改善助成金 勤務間インターバル導入コース

助成率80%で最大100万円に拡大されたため、9時間以上の勤務間インターバルを導入し

就業規則の改定と労働能率の増進に資する設備機器等を導入(8割補助)する場合などに活用できます。

Ⅰ―b   時間外労働改善助成金 職場意識改善コース

①・②とも達成→補助率3/4で限度100万円 ①達成のみ→補助率1/2で限度額50万円

①月間平均5時間以上削減と(前年同期の3ヵ月間比較)、②就業規則を変更し特別休暇を一日以上設定し就業規則の改定と労働能率の増進に資する設備機器等を導入(8割補助)する場合などに活用できます

Ⅱ-c  人材確保等支援助成金 働き方改革支援コース

雇入れた労働者一人当たり60万円

上記の時間外労働改善助成金の勤務間インターバル導入コースまたは職場意識改善コースのいずれかの支給を受けた事業主が、雇用管理改善のための計画を策定して、新たに労働者を雇い入れ、人員の配置の変更、労働者の負担軽減等雇用管理の改善に取り組んだ場合に助成されるもの。

1人60万円、1年度10人分上限で最大600万円。

弊所では、上記のⅠとⅡを組み合わせした「働き方改革総合助成金コース」として、制度のご活用をご提案しています。具体的な申請方法等、詳しくはご相談ください。

〒780-0816高知市南宝永町5-11山二ビル3F よさこい労務事務所 代表 竹内隆志

TEL 088-880-0535  E-mail  info@yosakoi-roumu.jp