よさこい労務事務所よさこい社労士のブログ

有給休暇管理簿・時間外労働等チェックシート・就業規則の3点セットが出来ました!

投稿者:よさこい労務事務所

 

 

 

2019年3月末に厚労省から働き方改革関連法対応就業規則の雛形と作成ツールが発表されました。また全国社会保険労務士会連合会より有給休暇管理簿と一覧表のテンプレートも公開されました。どちらも一応目を通し実際に試してみましたが、いずれも実務的に使えるものではないと弊所では判断いたしました。

そこでお客様に実務的でもっと使いやすく出来ないものか、検討した結果次の三点セットを開発し顧問先の皆様に無償でご提供することにしました。

1.個人別有休管理簿と社員の有休取得状況が一覧可能(1ファイルで)

    当事務所オリジナル「有休管理簿」

   事業場ごとに50人まで対応しています。貴社のご要望に応じてカスタマイズも随時可能。

2.時間外労働・休日労働上限規制対応チェックシート

   中小企業の2020年施行に対応して、社員ごとに法違反が生じていないか確実にチェックできます。(予想シュミレーションも可)

3.各企業ごとに迅速かつ柔軟に対応できる就業規則

(条文の削除、追加に応じて条文数や規定中の参照条文数なども自動更新し迅速に作成できます)

これらのツール類の開発に当たっては、外注先のソフト会社様には社労士としての私の意見や要望を取り入れていただき誠に感謝しています。

ぜひ多くの企業様に現場で即実践できる「よさこい労務事務所特製、働き方改革3点セット」をご活用いただきたいと思います。

このツールにご関心のある企業様に限って無料でプレゼンをしご説明に伺いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL 088−880−0535 お問い合わせ フォームから

なお、同業の方などのお申し込みはご遠慮下さい。

ちなみに弊所が実務現場で培ってきたノウハウがぎっしりと詰まっています、


助成金をフル活用し3ステップで働き方改革を進めましょう!

投稿者:よさこい労務事務所

年度前後、厚労省発の情報発信の動きが早くて。消化不良で追いつきません。(^。^;) 今日は本年度の勤務間インターバルコースの掲載がありましたね。初年度から比べると就業規則の作成費1/3になりました。(笑)でも関連の制度につなげていけるので、顧問先の企業様には提案したいところです。(^^)

以下の3ステップで働き方改革を進めましょう!

1.貴社の実態分析により労働日数、労働時間制の見直しから時間外労働削減と有休取得率の向上をはかることを目標に!
2.助成金制度の活用支援→(例)勤務間インターバルコースと働き方改革支援コース等の助成金のフル活用(併用)を勧奨し、有休強制付与、賃金体系や制度の見直し等を就業規則で規定化、省力化設備・求人費用・人の雇い入れ経費等に助成金を充てる!
3.成果として時間外労働削減と有休取得率の向上につなげる一連の取り組みまでトータルでサポートし貴社の働き方改革をご支援いたします。


祝・元号「令和」記念キャンペーン!5月末まで【無料】お試し顧問契約

投稿者:よさこい労務事務所

令和キャンペーン5月1日から令和の元号が開始されます。

当事務所では新元号「令和」を記念し、働き方改革関連法の施行に伴い、元号の開始月の5月末まで無料でお試し顧問契約のキャンペーンを実施することになりました。

また4月1日から働き方改革関連法の中の労働基準法の改正により、中小企業においても年間5日の有給休暇の強制的付与が義務づけられることになりました。

それに伴って以下の取り組みがさっそく必要です。

「年次有給休暇管理簿」の作成、保存(3年間)

有給休暇の時季指定について就業規則の規定化

 

 

年次有給休暇の時季指定の対象となる労働者の範囲及び時季指定の方法等についての就業規則への規定化が必要になり、記載していない場合も罰則の対象になります!

当事務所では就業規則の改正についてのご相談や、ご希望により顧問先企業の皆様に有給休暇管理簿の整備方法についてご支援しています。

お試し後、本顧問契約を結ばれたお客様には

1.有給休暇管理簿 エクセル・テンプレート進呈

2,時間外労働等の上限規制チェックシート(シュミレーション)のエクセル・テンプレート進呈

3.ハラスメントチェックシート進呈

ほか働き方改革を進めるうえで、役立つパンフレットや助成金制度の資料などを随時お配りしています。

この機会にぜひ!【無料】お試し顧問契約をお申し込み下さい。
 

よさこい労務事務所 TEL 088−880−0535 お気軽にお問い合わせください。

 


残業時間抑制へ新規雇用 中小企業に最大600万円 厚労省

投稿者:よさこい労務事務所

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO42273300Q9A310C1NN1000/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の雇い入れに助成。中小企業者には新年度、注目の助成金です。弊所でも顧問先にはいち早く情報をお届けしています。

法改正で有給休暇強制付与にともない就業規則の改正が必要ですが、そうした経費にも助成金が活用できます!申請代行とそのノウハウのご提供は顧問契約企業様に限定となりますので、4月からのご契約をぜひご検討を。月額1万円から、今なら有給休暇管理ソフトの無料提供など特典つきです・

お問い合わせフォームから お気軽にご相談ください。
 


4月からの働き方改革関連法改正のご準備はお済みですか?

投稿者:よさこい労務事務所

4月から年間5日の有給休暇を取得させる義務が出来ました!

確実に取得させるには、就業規則の改正有給休暇管理簿の整備が必要です!

就業規則の改定や法改正への対応でお悩みの企業の皆さまへ

貴社に最適な賃金制度や雇用改善・助成制度を活用した取り組みを支援します

3月末まで先取り(無料)の顧問契約キャンペーンを実施中

当事務所では「働き方改革」などをサポートするため、3月末まで先取り(無料)の顧問契約キャンペーンを実施しています。その期間無料でご利用いただき、お試しの後ご契約の際には改正法に対応した、すぐに実務で役立つ様々な特典(有給休暇管理ソフトや就業規則改定のサンプル等)を進呈いたします。

お問い合わせ・ご連絡先  こちらのお問い合わせフォームもご利用ください。

よさこい労務事務所 代表 竹内隆志

〒780−0816 高知市南宝永町5-11 山二ビル3F (ラウンドワン高知店の南側)

TEL:088-880-0535 Email:info@yosakoi-roumu.jp

 


同一労働同一賃金の対応のための手順書が厚労省より公開!

投稿者:よさこい労務事務所

パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書が公開されました。

閲覧用印刷用があります。それぞれダウンロードしてご活用ください。


働き方改革関連法の解釈通達や労働者派遣法改正の概要が公開!

投稿者:よさこい労務事務所

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
よさこい労務事務所では今年も最新労務管理情報のご提供に努めていきます。
昨年末に働き方改革関連法での「年5日の有給休暇の確実な取得についてわかりやすい解説」「時間外労働の上限規制 わかりやすい解説」や同一労働同一賃金ガイドラインなどが相次いで公開されましたが、年明け早々から以下の解釈通達や労働者派遣法改正の概要と題したリーフレットも公開されていました。
本年はいよいよ働き方改革施行です。今後もこうした情報が出てくることが予想されます。わかり次第お知らせしていきますので、よろしくお願いいたします。


同一労働同一賃金ガイドライン、ついに厚生労働省から公開!

投稿者:よさこい労務事務所

短時間・有期雇用労働者及び派遣労働者に対する不合理な待遇の禁止等に関 する指針(平成 30 年厚生労働省告示第 430 号)が12月28日公開されました。ご確認ください。

なお、平成30年 労 働者派遣法改正の概要 <同一労働同一賃金>のパンフレットも同時に公開されています。

 


時間外労働の上限規制・年5日の年次有給休暇の確実な取得の解説リーフレットが公開

投稿者:よさこい労務事務所

来年4月と施行が間近に迫ってきた働き方改革関連法の時間外労働の上限規制および年次有給休暇の取得義務化にかかる「時間外労働の上限規制 わかりやすい解説」「年5日の年次有給休暇の確実な取得」のわかりやすい解説のリーフレットが厚生労働省から公開されました。

このリーフレットは各々24ページあり、これまでのリーフレットよりさらに詳しい内容が載っています。

特に年次有給休暇について実務現場から取り扱いについて疑問としてあがっているものがQ&Aとして掲載されていますので、ぜひご覧のうえ実務にご活用下さい。

厚労省サンタさんからのクリスマスプレゼントでしょうか?(苦笑)


「人を大切にする」専門家としてのきっかけは、やはり「人と人との縁」

投稿者:よさこい労務事務所

人を大切にする

天皇陛下と皇后さまご臨席のもと、社労士制度50周年記念式典が12月2日に東京で開催され、末席ながら私も参加しました。

内閣総理大臣はじめ衆参両議院の議長、最高裁判所長官、厚生労働省大臣からご祝辞をいただき、特に天皇陛下からは「この国を支える働く人たちのためにこれからもいっそう力を尽くしてほしい。」とのお言葉を賜り、この仕事を選んで本当に良かったと思い誠に感無量でした。社会保険労務士も当初は知名度もなく、企業訪問の際には当時の諸先輩方には大変ご苦労をされたようにも聞いております。

社労士制度50周年を記念した切手シートも発売され私も郵送物になどに活用しています。全国各県で50周年の記念講演や個別相談会が行われるなか、6月には働き方改革関連法も成立し、その中で社労士の役割もいっそう期待されていることを実感しています。

私にとっても大きな節目を迎えた想い出に残る一年でした。17年前に縁故も基盤も全くないまま思い切ってこの道を選び、なんとか今日まで続けさせていただいているのも皆様とのご縁の賜物です。40年前に県外の仕事仲間から聞いて興味を持った「社労士」という資格。それが今日までつながっていることに感慨深いものがあります。

日経新聞の一面広告「人を大切にする。当たり前のことが、当たり前であるように」に象徴されるように「人を大切にする」専門家としてのきっかけは、やはり「人と人との縁」でした。来年も皆さまには何卒よろしくお願い申し上げます。


ページの先頭へ戻る