あなたの会社に最適な助成金の活用を提案します

活用ポイント

  • HOME »
  • 活用ポイント

助成金活用のポイント

対象に自社の計画が該当するのか

助成金をもらうために制度を作ったが、結局要件に当てはまらずに受給できなかった・・・ということもあります。

助成金目当てに○○しようではなく、○○するために助成金を活用しようというスタンスが大切です。

助成金をもらうために、会社本来の活動がおろそかになってしまってはいけません

助成金の要件を満たしているのか

助成金が支給される要件として、企業規模、従業員の年齢、賃金額など様々なものがあり、そのすべてをクリアしなければ支給決定はなされません。

申請期限に申請できるのか

原則として、申請期限を過ぎての申請は一切受け付けられません。

例えば『受給資格者創業支援助成金』は創業前の段階で事前に届を提出していないと申請できないなど、タイミングを間違えてしまうと貰えない助成金もありますので注意が必要です。

一部の助成金を除き、助成金に該当するとの連絡はありません。そのため日頃から助成金の最新情報をチェックしておくことが重要になります。

助成金が活用されない理由

  • 制度の認知度が低い
  • 制度要領がわかりづらい
  • 種類が多く、専門用語が多くわからない
  • 日常業務に追われ申請手続を行う時間が無い
  • 提出書類が多くて面倒
  • どこに相談や問い合わせをしていいか分からない

逆に、ニーズが高まり多くの事業所で申請するようになると

  •  相談窓口が混雑しなかなか聞くことができない
  • 申請窓口担当者の人数が限定されているため、訪問しても長時間待ち
  • 制度そのものの見直しが行われ、支給要件が頻繁に変わることがある

かつてリーマンショックの際の雇用調整関係の助成金でこのような事例があり、事業主の皆様が助成金と付き合うのは意外と大変です。

頑張って申請しても、もらえないケース

国の施策に協力して、労働者のためになることをしても、会社として当然守るべき基本的なルールが守られていないと助成金がもらえないケースがあります。

事前にしっかりチェックしましょう。

  • 法定帳簿(賃金台帳、労働者名簿、出勤簿、就業規則等)が整っていない。
  • 会社が雇用保険に未加入、または助成金の対象となる労働者が雇用保険に加入していない
  • 2年間を超えて労働保険料を滞納している
  • 申請期限が過ぎている
  • 同様の目的で他の助成金を受給している
  • 事前に計画の作成、提出が必要な助成金の場合にその手続きが完了していない

以上が助成金を活用できない要因です。

これらの要因に共通しているポイントが情報を整理するだけの時間が確保できていないということです。助成金申請から受給までを一人で行なうと莫大な時間と労力がかかってしまうことが助成金を活用できない大きな理由として挙げられます。

相談無料。お気軽にお問い合わせください! TEL 088-880-0535 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © よさこい労務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.